TOP > 教材検索 > 小さく生まれた赤ちゃん
  • サンプル有
  • 電子書籍有
  • 部数割引

子育て支援用

小さく生まれた赤ちゃん

  • 初版:2013年03月 発行:2015年07月
  • 価格:¥500+税
  • 商品番号:0367
  • サイズ:A5判 64頁
  • ISBN:978-4-89430-367-6
  • 版:第2版

監修
楠田 聡(杏林大学医学部小児科客員教授)
編集協力
公益財団法人母子衛生研究会

  • 官公庁・自治体・法人のお客さま
  • 数量を入力して下さい
個人のお客さまはまんてん堂へ

小さな赤ちゃんの育児、栄養と授乳のポイント、成長・発達の段階についてわかりやすくまとめました。「こんにちは赤ちゃん事業」「未熟児訪問」「乳幼児健診」などで配布し活用していただけます。

※100部以上のご注文の場合、部数割引があります。

目次
第1章
小さく生まれた赤ちゃんと入院生活 1. 小さく生まれた赤ちゃんの特徴
    ・低出生体重児と早産児との違い
    ・赤ちゃんを見た感じは
    ・小さく生まれた赤ちゃんの五感
    ・生後の体重減少
    ・呼吸
    ・心拍
    ・黄疸
    ・貧血
    ・未熟児網膜症
    ・妊娠期間に比較して 小さな赤ちゃんの場合
    ・小さな赤ちゃんが抱えるその他の問題
2. 赤ちゃんが小さく生まれた時の親の気持ち
    ・赤ちゃんへの期待と早すぎる出産
    ・赤ちゃんが生まれたときの気持ち
    ・親と子のきずな
3. NICU (新生児集中治療室) とGCU (新生児治療回復室)
    ・NICUとは
    ・GCUとは
    ・赤ちゃんNICUに入院した理由
    ・他の病院から送られてきた場合(新生児搬送と母体搬送)
    ・赤ちゃんのためにできること:授乳と面会、父親の役割
    ・NICUでの赤ちゃんの一日
    ・NICUkらGCUへ移る時
4. NICUの診察と検査
    ・診察
    ・体重測定
    ・採血による検査
    ・画像診断
    ・その他
5. NICUでの治療
    ・薬
    ・モニターなどの医療機器
    ・保育機の役割
    ・呼吸、循環の手伝い
    ・黄疸の治療
    ・観戦の予防と治療
6. 栄養と授乳
    ・静脈栄養
    ・経管栄養
    ・経口栄養
    ・授乳の間隔と授乳時間
    ・母乳と人口乳について
7. 赤ちゃんとの面会
    ・NICU 、GCUの印象
    ・面会時の注意点
    ・はじめての面会
    ・きょうだいや祖父母の面会
8. 家庭に帰る準備
    ・回復と発達の目安
    ・退院の目安
    ・家庭での退院の準備
    ・退院支援コーディネーター
第2章
赤ちゃんと家庭で過ごす日々 1. 退院してからの数日間
2. お家での生活
3. 親子のふれあい
    ・赤ちゃんとの接し方
    ・育児の心配について
    ・ディペロプメンタルケア
4. 外来での経過観察
    ・定期検診
    ・かかりつけ医
    ・保険センタ−などの保健師
5. 赤ちゃんの発達フォローアップ
6. 予防接種
7. 経過観察の注意点
    ・発育(低身長の場合等)
    ・登記の気道感染症(RSウィルス、インフルエンザウィルス等)
8. 在宅医療
    ・在宅医療支援診療所
    ・訪問看護ステーション
    ・緊急時の受診
9. 次の出産のための計画
Q & A
 
資料編 1. 妊娠期間とその算定一覧表
2. 知っておきたい主な社会的サポート
    ・就業女性の産前・産後休暇等
    ・育児休業制度
    ・出産育児一時金・配偶者出産育児一時金
    ・出産手当金
    ・低出生体重児に対する医療女性(未熟児養育医療給付制度)
    ・未熟児訪問制度
    ・乳幼児医療制度
    ・児童手当
3. ベビーシッター・保育所等の利用
    ・ベビーシッター
    ・保育所
    ・ファミリー・サポート・センター
    ・地域子育て支援センター