TOP > 教材検索 > 産後の母親のメンタルヘルス支援活動

指導者・援助者用

産後の母親のメンタルヘルス支援活動

  • 初版:2008年
  • 価格:¥2,800+税
  • 商品番号:0185
  • サイズ:A4判 132頁
  • ISBN:978-4-89430-185-6

執筆
鈴宮寛子(福岡県早良区保健福祉センター)
山下洋(九州大学病院 精神科神経科)
上別府圭子(東京大学大学院 医学系研究科)
吉田敬子(九州大学病院 精神科神経科)
編集
公益財団法人母子衛生研究会

  • 官公庁・自治体・法人のお客さま
  • 数量を入力して下さい
個人のお客さまはまんてん堂へ

三種の自己記入式質問票を用いた産後のメンタルヘルス支援のニーズを把握するスクリーニング手法の解説を始めとして、先駆的な取り組みを行った福岡市の支援活動から得られた、企画段階・支援開始・継続時の各プロセスにおける事業立ち上げのノウハウを収録し、現在取り組み中の方はもちろん、今後導入予定の方のニーズに応える内容です。
「三種の自己記入式質問票」セットと使用法は、吉田敬子先生監修、弊社発行の「産後の母親と家族のメンタルヘルス」に掲載されております。
本書は「産後の母親と家族のメンタルヘルス」と併せてご活用下さい。

目次
第1部
メンタルヘルス支援の準備 ①支援のニーズをいかに把握するか 〜自己記入式質問票を用いてた産後うつ病の実態〜
    1 なぜ産後うつ病が注目されるのか
    2 地域での精神面支援にあたって最初に行うこと
    3 産後のメンタルヘルスの具体的な把握
    4 自己記入方式質問票の用い方
    5 地域での支援・治療の有効性を実践の過程で検討する
②産後のメンタルヘルス支援を開始するために
    1 質問票セットを活用したメンタルヘルス支援に取り組むために
    2 メンタルヘルス支援を行う機会について
    3 妊婦を対象とした出産に関するメンタルヘルス教育について
③質問票を利用した出産後の母親への援助活動 〜福岡市の取り組みから〜
    1 初めての地域での取り組みから定着まで
    2 6年間の実施を振り返って
④全国の取り組み状況等から
    1 研修会参加者へのアンケートより
    2 EPDSを導入した地域での支援の実態
⑤メンタルヘルス支援のための研修とその効果
    1 誰を対象に、いつ、どのような目的の研修を行うのか
    2 効果的な研修の受け方
    3 研修の評価
第2部
メンタルヘルス支援の実際 ①3つの自己記入式質問票の総合的な活用
    1 3つの自己記入式質問票の総合的な活用のメリット
    2 児童虐待の視点から
    3 各機関の連携と役割:精神科に紹介が必要となるケースとは
    4 自殺、自傷を防ぐために
②具体的な支援のすすめ方
    1 支援の基本
    2 母親との信頼関係を築くための基本的な対応
    3 面接の実際と導入
    4 面接での質問票セットの使い方
    5 重症度を判断するためのその他の情報
    6 初回面接での母親への支援
    7 家族へのアドバイス
    8 ケース検討のために質問票セットから整理すること
    9 カンファレンス
    10 社会資源の利用と支援計画
    11 継続支援における注意点
    12 継続支援を拒否された場合
    13 支援終結の目安
 
事例から学ぶ支援の実際 事例1 仕事と育児の両立に悩む母親
事例2 第2子出産後に、まだ幼い第1子にいらいらして子育てがうまくいかない母親
事例3 シングルマザーの出産、育児
事例4 過去にもうつ状態を経験している産後の母親
事例5 統合失調症で治療中の女性の妊娠と出産の経過
事例6 軽度の知的な遅れを背景とした適応障害の女性への産前・産後の介入
本書Q&AコーナーのQ一覧
参考文献 および 図書
あとがき

関連商品